長くなるので分けました。前の投稿の続きです。

逆子体操についてはプリントを渡されました。体操っていっても、どちらかというと体位みたいなもので、上半身を床につけてお尻を突き出した四つん這い体勢で10分ぐらいいて、その後横向きに30分~1時間寝て下さい、というもの。
まあこれなら簡単だわ、と、診察日の夜寝る前にやってみたのですが……。

いや無理!
全然できない!
四つん這いになることはできても、そこから肘つくまでが精一杯で、肩や胸を床につけるとこまでいけません。腕や肩や胸の筋肉が足りないのです。無理にやろうとするとお腹が床についちゃってうつぶせ状態になってしまう。
お腹の張りとか気にしているレベルじゃありません。体位そのものが取れない!
ぎゃー。

とりあえず、翌日夫に体勢を見てもらうことにして、その晩はあきらめて寝ました。

翌日(というのは昨夜)。
帰宅するなり、食事の前に姿勢を見てもらいました。
(ご飯食べたらしばらく動けなくなっちゃうしね)
昨日失敗したやり方を見せながらプリントを見てもらうと、「これ、足をもっと曲げていいんじゃない?」と。
腿と足が直角になるような姿勢なのですが、自分の場合もっと開いていたようで、床についている膝の位置を前に引き上げるとだいぶ楽になり、体操姿勢もだいたい取れるようになりました!
なんだー、そうだったのかー、よかったー。

腿に肉がついていてちょっとお腹に当たる感じだし、少しきついですが、これならできます。
あーよかった。
Nちゃんに教えてもらってから続けている夜のお灸に加えて、逆子体操も習慣にするぞー!